malmal2_007

11月8日に開催された以下のイベントに行ってきました。

 

 

 「EPUBが広げる世界」とタイトルがありますが、EPUBの説明は最初に鷹野 凌さん(NPO法人日本独立作家同盟理事長)から「EPUBとは?」という冒頭の説明があったくらいで、本編のセミナーの方はEPUBというよりは、コルク代表の佐渡島さんとブックウォーカーの橋場さんがやっている電子書籍ビジネス全般の話がメインでした。

まあEPUBの話より、そっちに全然興味があったので、僕としてはかなり面白かったのですが、司会のまつもとあつしさんは、EPUBを切り口にインタビューを何度も試みて、EPUB以外の話をされるという、ネタのような掛け合いが面白かったです 🙂

セミナーの中で特に面白いなと思ったのは、佐渡島さんが今一番注力している「マンバ」というサービス。

 

 

読者がマンガの面白かったシーンをキャプチャをアップして議論するという、かなりグレーな部分のある(笑) サービスなのですが、マンガにめちゃくちゃ詳しい人たちがオススメのマンガをアップして、その面白さをスレッドで会話していくというものです。

マンガに詳しい人たちが議論するだけあって、人気作品のランキングは聞いたことのないマンガばかりなんですが、どんなところが面白いかを、マンガの内容をもとに議論しているため、表紙だけのレビューより全然コンバージョン率が高いそうです。まあ、確かにそうですよね。

大変そうだなーと思ったのは、コメントは全て承認制とのことでしたので、コストはかかってるんだろうなーという感じです。佐渡島さんは2, 3年くらいは赤字覚悟だと言ってました。

実際見てみましたが、どんな話の内容なのか多少ネタバレ要素もありますが、シーンを細切れに見せられると、全部読んでみたいと思っちゃいますね 🙂

メルマガとかで人気ランキング、更新情報とかあればいいかもと思いました。

マンバが印象強かったですが、ブックウォーカーやその他色々なサービスの話も聞けたので、またこういったセミナー行ってみたいです。

セミナーの内容は以下にまとまってます。