ページを選択
photo credit: Silvia Sala via photopin cc

photo credit: Silvia Sala via photopin cc

 

少し前はスーパーアフィリエイター、最近はプロブロガーという言葉を良く耳にすると思いますけど、サイトの運営やブログからの収入だけで生活をしている人の認知がそこそこ上がってきています。

 

普通に仕事している人からすると、胡散臭いように聞こえますが、ブログからの広告収入で生活が成り立つことは多くの人が証明してくれています。

 

先日読んだ『ブログ飯』は、作者が会社を辞めて、ブログだけで飯が食えるようになるまでの苦労話や、成功に繋がる考え方が書かれていて、ブログで収入を得たいと思っている人にはかなり参考になる内容だと思います。

 

 

ブログ飯 個性を収入に変える生き方
ブログ飯 個性を収入に変える生き方

posted with amazlet at 14.05.20
染谷 昌利
インプレスジャパン
売り上げランキング: 24,579

 

作者の染谷さんは一つのブログを育てていくというよりは、人気のありそうなジャンルを決めて数十記事のブログを作成し、複数のブログでアクセスを集めていくスタイル。

 

ブロガーというよりは、アフィリエイターと言った方が適切かもしれませんね。

 

僕も少し前まではアフィリエイトを少しやっていたので、自分の経験からも本書で参考になる点をピックアップしてみたいと思います。

 

1. テーマと目的の設定が最も重要

 

本書で何度も繰り返しているのが、最低でも30記事は書けるテーマを選ぶこと。

 

単に流行っているとか、人気がありそうだとかいう理由でテーマを決めると30記事も続かないで途中で飽きてしまいますので、自分が興味をもっていることを中心にテーマ設定するのが良いということです。

 

これ結構ありがちだと思うんですけど、アフィリエイトで商品紹介ばっかりしていると、ほんとに飽きてきます。僕も無理矢理記事書いてたこともあるんですが、飽きてきて止めました(笑)

 

興味ない商品でも売れると嬉しいんですが、記事の追加とかサイトのメンテナンスとか苦痛なんですよね 🙂

 

2. なぜそれを自分がやるのか?を考える

 

世の中には同じようなテーマを扱っているブログ、サイトが無数にあるので、自分のブログを読んでもらうためには何らかの理由が必要です。

 

そのためには、自分の独自性や売りをしっかりと考えて、読者が読んでためになるようなブログを目指さないといけません。

 

Web上には、アフィリエイト目的で書いているんだと思いますが、Webから拾ってきた情報をリライトして、二番煎じで書いてある文章って結構多いです。でもそういう記事って読んでも何も面白くないですよね?

 

そこに、筆者の独自の意見や、実際に何か商品などを使ってみた感想などがないと、今後コンテンツとしては厳しくなってくると思います。

 

その他、最初の1ヶ月はアクセス数解析は見ないようにするとか、色々と経験してからそこから枝葉を伸ばしていく、等ブログを上手に続けて行く方法もたくさん紹介してくれています。

 

既にブログをはじめていて収益が欲しいなあと思ってる人、これからブログを初めて広告収入を得ようと思っている人には、ブログにテーマの決め方や、個人メディアとしてどのように育てていけば良いかのヒントがたくさんつまっている本だと思います。

 

Kindle版もありますよ 🙂

 

ブログ飯 個性を収入に変える生き方
ブログ飯 個性を収入に変える生き方

posted with amazlet at 14.05.20
染谷 昌利
インプレスジャパン
売り上げランキング: 24,579