ページを選択
高城剛氏の有料メルマガ「Future Report」がダントツに面白い理由

高城剛氏の有料メルマガ「Future Report」がダントツに面白い理由

    沢尻エリカさんの元夫と言えば知っている方も多いと思いますが、「ハイパー・メディア・クリエイター」の高城剛さん。   彼が有料のメルマガを発行してるのを最近知りました。   Takashiro.com   なぜ知ったかというと、あるイベントで知り合った方が、高城剛さんの有料メルマガがめちゃくちゃ面白いとオススメをしてたからなんですね。   正直、高城さんのことは芸能ゴシップ番組でしか知らなかったので、そもそも何をしてる人なのか、全然わかってませんでした。  ...
「映像撮影ワークショップ」でマニュアルが存在しない撮影術について学ぶ

「映像撮影ワークショップ」でマニュアルが存在しない撮影術について学ぶ

この本を一言で言うと、ビデオカメラを使って撮影するビデオカメラマンに必要な撮影の心得、現場のノウハウをまとめた本です。   筆者である板谷秀彰さんが担当する雑誌ビデオサロンの1コーナーの連載記事を、書籍として再編集してまとめたものなのですが、僕自身ビデオサロンを見始めてまだ半年くらいなので、過去の記事は読んでなかったのと、一冊にまとまっていることで読みやすくなっていて、とても参考になっています。   映像撮影ワークショップ (玄光社MOOK) posted with amazlet at 14.06.26 板谷秀彰 玄光社...
『マスターショット100』は、読むだけでカメラワーク・撮影のテクニックが身に付く!

『マスターショット100』は、読むだけでカメラワーク・撮影のテクニックが身に付く!

  デジハリで勉強した結果、主にAfterEffectsによる編集は詳しくなったのですが、カメラワークについてはあまり深くやらなかったので、独学で色々勉強したいなと思って手に取ったのがこの『マスターショット100』です。   ショートムービー監督・脚本家であるクリストファー・ケンワーシー氏が、映画のシーンの実例をもとに、撮影テクニックにを解説してくれている、かなり評価の高い本です。     マスターショット100 低予算映画を大作に変える撮影術 posted with amazlet at 14.05.01...
電子版しか読まない僕が Fujisan.co.jp で『ビデオSALON』を定期購読した理由

電子版しか読まない僕が Fujisan.co.jp で『ビデオSALON』を定期購読した理由

  映像関係でたぶん唯一と言っていい専門雑誌、ビデオSALON(サロン)ですが、去年末から買い始めて、毎月楽しく読んでいますが、Kindle版があることに気づき、2014年3月号からKindle版を購入してiPadで読んでいます。   ビデオ SALON (サロン) 2014年 05月号 [雑誌] posted with amazlet at 14.04.30 玄光社 (2014-04-22)売り上げランキング: 2,496 Amazon.co.jpで詳細を見る...
映像の最新情報が知りたくて読んでいる「ビデオSALON」がおすすめな理由

映像の最新情報が知りたくて読んでいる「ビデオSALON」がおすすめな理由

  ビデオカメラマン、映像クリエイターなど映像制作に関わる人なら必見の雑誌が、玄光社の「ビデオSALON」です。   最新のビデオカメラのレビューや、撮影テクニック、編集テクニック、その他映像クリエイターに役立つ色々な連載があります。       製品レビューの中には自分の持ってない編集ソフトやあまり興味のない機器のレビューもありますが、そういった記事も自分の守備範囲を広げる意図で流し読みするだけでも勉強になるかもしれないですね。   自分として、ビデオSALONを読むことで得られているメリットは以下の3つかなと思います。  ...
デジイチ初心者でも基礎からわかる「映画のようなデジタルムービー表現術」

デジイチ初心者でも基礎からわかる「映画のようなデジタルムービー表現術」

映像の学習用に購入した「映画のようなデジタルムービー表現術」が結構わかりやすく、とてもためになったので、今回紹介してみたいと思います。       この本を一言で言うと、デジタル一眼レフでムービーを撮ると何が嬉しいのか?どこが難しいのか?どうやってより良い映像にするのかについて詳細に解説してくれている本です。   この本を読んでかなりデジイチのムービー撮影についての理解が深まったおかげで、去年購入したSONYのNEX-5Rで撮影するのが俄然楽しくなっています。  ...