ページを選択

映像でキレイだな~って思うような作品は大体、カラーコレクション(カラコレ)やカラーグレーディングと言われる色の補正がしてあるものがほとんどです。

カラー・コレクション(カラコレ)とカラーグレーディングはほぼ同義なんですが、デジタル一眼とかビデオカメラで撮ったままの色だとやっぱり物足りない感があったり、作品のイメージによって色を変えたりするときカラコレがとても重要な作業となります。

カラコレは基本的には映像編集ソフトを使ってやるのですが、カラーコレクションに特化したソフトで有名なのは「Blackmagic Design DaVinci Resolve(ダビンチ・リゾルブ)」ですね。

DaVinci Resolveではもともといくつかのテンプレートが用意されていますので、少し使い方になれると、簡単に色をいじることができるみたいです。が、僕は使ってません。。。

Blackmagic Design: DaVinci Resolve 12

僕の場合はAdobeのAfter Effectsを使っていますので、メニューからカラー補正エフェクトを選択して、色々といじっています。

本当はRed Giant社の、マジックブリットスイートとかのプラグインを使いたいんですけど、まあ高いんですよねえ。。

ストーリーを引き立てる雰囲気を作り出す、カラーコレクション、色調補正ツール:Magic Bullet Suite (マジックブリット スイート)

こういったプラグインとかソフトにあるプリセットを使えるのはとても簡単なんですが、色をいじるのって難しくて、どんな色にしたらカッコいいのか、キレイなのか、やってるうちによくわからなくなってくるんですよね。

なので、カラーコレクション、カラーグレディングに苦手意識を、もっている人は多いです。

カラーコレクションを学ぶには、まず色についての基本を学ぶのが良いとおもいますが、僕がオススメしてるスクーでもたくさん授業がありますので、一度受けてみると良いとおもいます。

初心者でも安心!「特撮ヒーロー」に学ぶ簡単カラー理論 小太刀 御禄 先生 – 無料動画学習|schoo(スクー)

知っておきたい配色に関する掟とコツ 大里 浩二 先生 – 無料動画学習|schoo(スクー)

また、本格的にカラリストを目指してる人や、もっとカラーグレーディングを極めたい人は、僕が最近買ったこの本もオススメ。まだ読んでないので偉そうなこと言えないんですがw

Kindle版があればよかったんですが、まだ対応していなかったので、ブックスキャンのプレミアム会員の特権を利用してさくっと電子化してみました。ちなみにブックスキャンプレミアムはもう解約しました(^^;;

まあ、とにかくこの本は超詳しくて読み応えあるので、この一ヶ月くらいかけて熟読しようかなと思ってます。

自分もこれから勉強なのでホントに偉そうなこと言えませんが、学んだことはこのブログでもちょっとずつ紹介していければいいなと思ってます!

それにしても、結構なボリュームですが(^o^)