ページを選択

 

デジタルハリウッドは(digital hollywood)は、クリエイター専門のデジタルコンテンツ制作を学ぶ事のできるスクールです。

 

【通学スクール】Web/デザイン/3DCG等の学校|デジタルハリウッド
デジタルコンテンツの技術を学べるスクール

 

 

「デジタルハリウッド大学」や「デジタルハリウッド大学院」というものありますが、単に『デジタルハリウッド』とだけ言うときは、コース別に単価で受講することのできるものを指します。

 

実は、今回7月から開講している、動画・映像制作を学ぶことのできる『映像クリエイター専攻』を受講することになりました。

 

映像クリエイター専攻|Web/デザイン/3DCG等の学校|デジタルハリウッド

 

 

毎週土曜日 10:00〜15:00の週1コースで、2月までのコースです。

 

目的は、自分のバンドのPV作成や、子供のムービー作成、友人の結婚式ムービーなど、趣味がメインなのですが、スキルを身につけて仕事の幅が広がれば良いなとも思っています。

 

で、今回はこのコース自体の説明ではなく、このような専門スキルを身につけるスクールに入ってみて、何かを学ぶ時にこのような数ヶ月から半年くらいのコースを受けるメリットをいくつか書いてみたいと思います。

 

というのも、自分も含め、ほとんどの社会人が何かを学びたくても、なかなかスクールには通わないもの。

 

その理由としては、

 

  • 仕事が忙しくてスクールに行っているヒマがない
  • 一般的に長期コースの場合授業料が数十万円と高い
  • 書籍、ネット上の情報が充実していて、独学でもやろうと思えばできる

 

といったことが挙げられますよね。

 

僕も実はWebデザインや、PhotoShopなどは独学でやってきたので、十分その気持ちはわかるのですが、今回初めてクリエイター向けのスクールに入ってみて、何かを『創る』クリエイターになろうと思ったら、絶対にスクールに通うべきだと強く思ったので、その理由を紹介してみたいと思います。

 

1. 同じ志を持つ、尖っている人がいる

 

まず、クリエイターになろうと思っている同じ志を持っている仲間に出会うこと。これが一番大きいですよね。

 

独学でやっていると、どうしても孤独になりがちで、段々と仲間が欲しくなってくるものです。スクールに通うとこのような仲間に出会えますし、しかもクリエイターを目指している人達は、ある程度何か特技やセンスを持っている人が多い傾向にあります。

 

こういった『尖った』ユニークな仲間を手に入れられるメリットがあります。

 

2. 期間が決まっているので、特定期間内にスキルが身に付く

 

今回のデジハリのコースは半年間なのですが、その間に中間課題制作、卒業課題制作などがあり、それらをこなすには、期間内にクラスを受けて勉強をする必要があります。

 

独学の場合はどうしても、誰かに監視されているわけでもないので、ついつい忙しいビジネスマンであればあるほど、スキルの習得は遅れがちです。

 

そういった点からも、こういうスクールに通うメリットはあります。

 

3. デザインや表現でわからない微妙な部分を、プロに思う存分聴く事ができる

 

スクールに通うと、Google に頼る頻度は少なくなります 🙂

 

PhotoShop や Illustrator など、アプリケーションの使い方はマニュアルや書籍、ググれば出てくることができますが、「こういうデザインにしたい」「こういう映像を創りたい」と思った時に、なかなか書籍や検索だとわからないことが多いです。

 

そういった相談を講師や、アシスタントの人に思う存分聴けるのも嬉しい点です。

 

また、講師は大体現場のプロフェッショナルであることが多いため、現場ではどのような方法が用いられているのか、生の声を聴く事ができるため、非常に参考になります。

 

4. 仕事を見つけやすい

 

デジハリは特にそうですが、卒業生に対する求人情報などがかなり充実しています。

 

単発の仕事、アルバイト、正社員といった求人情報を在校生や卒業生に紹介してくれますので、個人で仕事を探すより数十倍は楽だと思います。

 

デジハリ卒業生は大体Web、映像、CG、デザイン関連に就職することが多いので、卒業した仲間と繋がっていればそこから仕事をもらえるケースもとても多いみたいですね。

 

5. 現金一括だけでなく、分割払いも可能

 

半年間40万円、とか聞くとそんな現金を持っていない人も多くいると思います。

 

でも、多くのスクールが、ローン会社と組んで分割払いに対応していますので、24回払いとかにすると、40万するクラスだったとしても24回払いで毎月1万円代の支払いでなんとかなることもあります。

 

実際には金利とかコース料金によって変わってきますので一概に言えませんが、毎月2万以内の支払いでプロフェッショナルの技や仲間、そして仕事を手に入れられるとしたら、ローンを組んでみる価値もあると思います。

 

まあでも、やはりローンはイヤだという人もいますし、分割払いを進めているわけでは決してないので、お金についてはくれぐれもご自分で判断してもらえればと思います。

 

以上、5つの理由を挙げましたが、クリエイターに限らず、いろいろな勉強はスクールに通った方が良いのは言うまでもないですよね。

 

ただクリエイターに関しては、やはり表現方法に関する微妙なニュアンスを、プロに聞けるという点は非常に大きいと思いますので、もし何かモノを創りたいと勧化ているなら、デジタルハリウッドではなくても良いので、どこかのスクールに通う事を検討することをおすすめします。

 

 photo credit: Môsieur J. [version 9.1] via photopin cc