年額$39でプロフェッショナルなWordPressテーマが使い放題の「ElegantThemes」ですが、こちらもミュージシャン、バンド用のテーマを用意しているので、簡単に紹介してみたいと思います。

 

WordPressのテンプレートに困っている人にオススメ!「elegantthemes」 | malmal.com
プロフェッショナルWordPressテーマの紹介

  

今回紹介するテーマ名は「Harmony」。レイアウトは結構ダイナミックな感じです。デフォルトでレスポンシブWebデザインにも対応してます。

デモ用サイトがあるので一度以下で見てみてください。

 

Harmony Theme Preview
バンド、ミュージシャン用WordPressテーマ「Harmony」のデモサイト

  

では以下に簡単に特徴と使い方を。

 

1. 音源を手軽にアップ!

 

音源をアップしたいときは、ブログの「投稿」画面で、右メニューから「フォーマット」で「音声」を選択します。

 

Harmony002

 

すると、ブログ本文記入部分の下に「ETSettings」という画面が出てくるので、そこに自分でアップロードしたmp3のURLのパスを入力するだけ。
(oggファイルでもOK)

 

Harmony003

 

あとは、音源の再生画面に表示する用に、アイキャッチ画像も登録しておきます。

 

Harmony004

たったこれだけ登録すると、自動的に以下のように、再生画面つきで表示されます。(背景画像は別の画像を指定可能)

 

Harmony005

 

 

2. ライブ予定、写真はシンプルな入力で追加可能

 

「Harmony」テーマインストール後、WordPress管理画面のメニューに「Events」というメニューが追加されます。

 

Harmony006

 

「Add New」で投稿画面を開くと、本文入力欄の下に「ET Event Settings」という入力欄がありますので、ここにライブの日時、時間、場所(Venue)、価格、チケットなどの詳細があるURLを入力するだけで、イベントを追加することができます。

 

Harmony007

 

追加後、トップページには以下のようにイベントの日時とタイトルがリストされます。

 

Harmony008

 

各イベントの詳細ページは、ブログ記事のトップにライブ情報が入る感じです。

 

Harmony009

 

その他、写真のポスト用に「Galleries」とうメニューもWordPress管理画面に追加されます。

 

ここから追加をすると、各投稿ページに以下の「ET Gallery Settings」という入力画面が表示されますので、表示させたい画像・写真を選択するだけです。

 

Harmony001

 

 

3. ePanel で背景画像やレイアウトの変更、各種SNSとの連携が簡単に!

 

トップページのレイアウトや、曲や画像、イベントをいくつ表示させたいか、背景画像をどうするか、ロゴの指定など、ほとんどの操作は「ePanel」から行ないます。

 

設定できる項目も多いので、全部は紹介しませんが、Facebook、Twitter や、音楽クラウドのSoundCloudとの連携も以下の入力画面から簡単にできます。

 

Harmony010

 

例えば、ヘッダー部分の背景画像を買えて、ロゴもオリジナルに変更した画面は以下のようになります。デフォルトのページと全然、印象違いますよね。

 

Harmony011

 

 

「Harmony」でサイトを作ってみた印象ですが、画像やフォントをダイナミックに使っていて、結構インパクトがあるので、見た目でインパクトを与えたいバンドサイトを作りたい場合にはとても良いテーマだと思います。

 

曲や画像、ライブイベントの追加も簡単にできるのも良いところなので、1、2間くらいでバンドのサイトが作れちゃうと思います。