ページを選択

eos5ds

 

キャノンからフルサイズで5060万画素という超解像性能を持った『EOS 5Ds / 5Ds R』が2015年6月に発売されると発表があり、先日のCP+の展示会でも実機の展示がありました。

 

キヤノン:EOS 5Ds|概要

 

とりあえず、どんな製品かは以下の記事と、紹介動画を見ればある程度はわかってもらえると思いますので、簡単にまとめておきますね。

 

 

 

有効5060万画素の超高精細な写真が撮れるキヤノンのフルサイズ一眼レフ「EOS 5Ds」速攻フォトレビュー – GIGAZINE
5D …

 

 

キヤノンEOS 5Ds実機インプレ。活きた5060万画素は圧巻、操作感も想像以上の軽さ – Engadget Japanese
高画素モデル …

 

 

キャノンの中では、EOS 5D Mark III の「派生版高画素モデル」という位置づけみたいですが(間違ってたらごめんなさい)そうなると気になるのは動画性能です。

 

でも、結論から先に言っちゃいますけど、5Dsに動画カメラとしての機能を求めるのはやめた方がよさそうですw

 

なぜなら、静止画については最大で約5030万画素(8688×5792)ではあるのですが、こと動画になると、

 

  • フルHD(1920 x 1080)で29.97pのフレームレートが最大
  • 記録方式はMOVのみ
  • HDMI出力は外部ディスプレイ専用で、外部レコーダーは使用不可

 

という感じで、EOS 5D Mark III と、確かに同程度のスペックなのですが、動画撮影用に進化してきているデジタル一眼レフの現状を考えると、ちょっと、というか、かなり物足りないです。

 

一応、動画は公開されていましたが、まあ言ってもCanon EOSなのでキレイはキレイなんですが、使い勝手や、機能を考えるとうーん、という感じがします。

 

 

ですので、フルサイズ一眼で動画性能を求めるなら、今年の夏発表という噂の、EOS 5D Mark Ⅳを待った方がよさそうですね。それにしても5Dマーク4は期待が高いのに、なかなか出ないですね。。

 

それでも、この5Dsで動画を撮りたい人にオススメなのが、タイムラプス機能です。

 

タイムラプスは基本インターバル撮影と言って、あくまでも写真を数秒おきに撮っていくものなので、スチル専用機ともいえるこの5Dsの性能をある程度有効活用できると思います。

 

 

 

ただ、EOS本体でムービーを作るとおそらく画質が落とされてしまうので(そもそもできるかどうかも知りませんが。。)、撮影した写真を、PC等のソフトで加工するのが良さそうです。

 

上記はあくまでも動画カメラとして見た5Ds/5Ds Rなので、動画に興味ない人は無視してくださいね:-)

 

スチル中心で、写真に高解像度をとことん追求するなら、かなり魅力的なカメラだと思いますよ!