ページを選択

IMG_0130.JPG

 

最近、デジタル一眼レフでも、iPhoneでもタイムラプス機能が付いて、簡単にタイムラプスが撮れるようになってきましたので、タイムラプス動画が結構増えてきています。

 

でも、基本的にはカメラを三脚などで固定して撮るのが普通ですので、以下のようにカメラが動かない同じようなタイムラプス動画が多いと思います。

 

 

 

もちろん、車のダッシュボードに乗せたり、自転車に乗ってタイムラプス動画を撮ったりするケースもありますが、どうしても揺れがあったりして、スムーズなタイムラプスにならないことが多いです。

 

そこで、色々みなさん、試行錯誤しながらタイムラプス映像を撮っているんですが、2012年のKickstarterで出資を集めて販売された『Genie』(ジーニー)がとても簡単に「カメラが動くタイムラプス」を撮影できるので、紹介したいと思います。

 

論より証拠、文字より映像ということで、以下のGenieの紹介ビデオをみると、どんな映像が撮れるのかがわかると思います。英語ですw

 

Genie – Motion Control Time Lapse Device from Syrp on Vimeo.

 

Genieで動画撮影するまでのステップはとても簡単で、

 

  1. Genie本体に巻き付いているロープを、動かしたい範囲の端から端にピンと張る
  2. Genieの上にカメラをセット
  3. 動かしたい幅、スピード、撮影時間を決めてスタート

 

たったこれだけで、カメラをゆっくり移動させながら自動でタイムラプスが撮れます。

 

System 5さんで実機があったので、実際に触らせてもらいましたが、操作が本当に単純で簡単なので誰にでも簡単に一段上のタイムラプスが撮れると思います。

 

ただ、値段が結構するので、そこを乗り越えるのは簡単ではないですが(笑)

 

 モーションコントロール・イメージキャプチャーデバイス Genie(ジーニー)の詳細情報 | SYSTEM5

 

僕はLibec Allex S Kit を持っているので、そのスライダー上で動作させたいので、実際にスライダーの上にセットして動作させてみました。

 

IMG 0130

 

Image1 1

 

かれこれ1時間以上、デモを見せてもらったのですが、とても気に入ったので、実は即決で購入をしてしまいましたw

 

残念ながら在庫がなかったので、しばらく待つことになりましたが、届いたらまたレビューをしてみたいと思います。

 

ちなみに、上記の動画でスケボーの上に乗せて撮る方法はどうやってるのかと聞いたら、スケボーを移動させたい端と端にロープを固定させて、スケボーの上に(どうにかして固定して)載せているだけだそうです。

 

アイデア次第で色々な動画が取れそうなので、今からGenieとGH4を使ってどんな動画、タイムラプス映像を撮ろうかとわくわくしています 🙂