ページを選択

IMG_0019
 

iPhone 6 Plus はデザインも良いし、何より大きいので、カバーをつけるのは躊躇してたんですが、ここ最近落としそうになることが多くて、いいかげん怖くなったのでケースを買うことを検討していました。

 

最初はシンプルで、薄いケースを探していたんですが、なんかそれだとつまんないので、なかなか踏ん切りがつかないでいたのですが、Fujisan.co.jp で定期購読している『Flick!』でYONEYAMA.BRAND が3Dプリンタで制作している『HANDs ON』なるケースを見つけました。

 

GEAR FORCE 3D PRINT LAB | オンラインショップ | 米山工業株式会社

このHANDs ONを気に入ったところは、まずiPhone 6 Plus を落とさないようにするためのバンドがついているだけじゃなく、そのバンドを変形させて、デスク上にスタンドさせることができること。

 

iPhoneスタンドは過去に買ったことあるんですが、しっくり来る者がなかったり、会社と自宅で両方用意しなければならなかったり、外出先では立てられなかったりしてフラストレーションが溜まっていたんですが、このケースのバンドであれば、そのイライラもすべて解消できそう。。ということでかなり購入に前向きになったんですが、気になるのはバンドの厚みと、ポケットに入れた感触。

 

HANDs ON自体は取り扱い店舗がなさそう(あるかもしれませんが)なので、実際のモノを見て確認はできないのと、RACERと RACER STAND で迷ったのでメールで問い合わせたら米山さんから丁寧な返事がきました。

 

RACERは 手に持った時の指のポジションを曲面でデザインしたイメージの表面が特徴です。

RACER STANDは RACERの一部を稼働させることでスタンディングできるように開発しました。
厚みはRACERと同じです。 バンドはDESIGNタイプの専用モデルのみとなります。

ROUNDは上の開発とは別で、手になじむシンプルな形をイメージしてできました。
iPhoneの中央で膨らみがトップになるので他のモデルより厚みが増しますが、持った時のしっくりくる感じはベストと思っています。また、バンドをつけていると厚みは気になりませんよ。

ベルトのYANMAは スタンド機能になることを前提に開発したものです。
DESIGNは見た目重視といったところでしょうか。

RACER STANDは縦置きに特化したモデルです、横置きは正直向いていません、、、。

スタンドに特化しているバンドはYANMAです。

ポケットに入れた時の塩梅ですが、慣れが必要ですf^_^;
僕は最近では気にならなくなりましたが、、、。

ただ持った時の操作性は◎なことは間違えございません!

 

と、このように、とても丁寧な回答をもらったこともあり、決心して RACER STANDを購入しました!

 

HANDs ONカバー「RACER STAND」 | GEAR FORCE 3D PRINT LAB | オンラインショップ | 米山工業株式会社

実際に購入したバンドの色はレッドで、こんな感じです。

 

IMG_0019

IMG_0021

IMG_0016

 

横置きは向いていないということでしたが、結局購入後は縦置きはほとんど使わないで横置きばっかり使ってます 🙂

 

こんなことならRACERにしておけば良かったと思いますが、今のRACER STANDで十分満足しています。

 

ポケットはたしかに、少しかさばりますが、後ろのポケットに入れるとあんまり気にはなりません。長時間座る時はポケットから出してデスクの上に置いています。

 

結果として、今はまだ購入して2週間くらいですが、かなり満足して使っています。

 

今話題の3Dプリンタで制作したという点も話題作りにも良いですし、なかなか見ないタイプのケースなので、人と違ったケースを探している人にはオススメです。