マンガ、イラストには iPad Pro を液晶タブレットとして使うのがオススメ

 

デジタルでマンガを描き始めたころは(と言っても、去年ですが)ワコムのペンタブを使ってましたが、そこはやっぱり、液晶タブレットへの憧れというのはありましたね。

で、これまたワコムのCintiqを検討してたんですが、やっぱりまだまだ高いんですよね。。

子供も2人になって、自由に使えるお金もあんまりないので、絵を描くためにそこまでの出費はどうかなーと思ってたんですが、そんな時に検討したのが、iPad Pro を液タブとして使う方法。

アップルストアでApple Pencilを使って絵を描いてみたことがあったんですが、すごく描き心地が良くて、いいなーと思ってたんです。

でも、iPad Proにはお絵かきアプリは色々本格的なものが存在するんですが、iMacで使っているPhotoshopやClip Studio PROが使えないから、MacとiPad で別々のアプリを使いたくないなーと思っていたら、iPad Pro で Photoshop などのMacアプリが使える方法を発見。

正確にいうと、Mac側の画面とiPad PROの画面を同期させて、iPad側で絵を描けるようにするアプリ「Astropad」を使うんです。

 

Astropad for iPad | Drawing Tablet App

ネット上の口コミを見ると、レスポンスが少し遅れる、というようなコメントがあったんですが、アプリもバージョンアップを結構繰り返してて改善しているのか、個人的にはほとんど気にならないレベルでした。

アップルストアではAstropad は試せないので、買ってみて家で試すまで不安でしたけど(^^;;

アプリが海外製なだけあって、PhotoshopなどのAdobe製品とアプリ側の連携機能はあるんですが、国産のクリスタとかとはやはり連携はしてくれないようです。

ここで言っている連携というのは、iPad側のAstropadのアプリ画面にボタンがついているのですが、そのボタンを押すと、Mac本体側のアプリ操作ができるという意味です。

それを使わなければ全然問題ないんですけどね。

とにかく、iPadで液タブもできて、しかも絵を描かない時は、映画をiPadで見たりもできるので、超満足をしています。

ちょっとだけショックだったのは、3月あたまに購入した後、新モデル(9.7インチ)がすぐに出たことですね。。。でもまあ、家で描くの専用なので大きい方がいいんです、ええ。。。

 

 

9.7インチだと外でも描きやすいですけどね。。。ええ :-)

こちらのサイトも参考になりました!

iPadProは液晶タブレットの代わりになるか参考資料まとめ – NAVER まとめ

20160526

, , ,

No comments yet.

コメントを残す

Powered by WordPress. Designed by Woo Themes