ページを選択

 

海外では「Spotify」「Pandora」を中心に定額制音楽配信サービスが盛り上がってますが、日本では色々と陰の力が働いてるのかw 海外の定額制サービスはほとんど使えません。(裏技使えば「Spotify」等も聴けますが、法的にグレーなので割愛します。。)

 

それでも、ここ最近は日本でもいくつか定額制配信サービスが開始してきているので色々使ってレビューしてみようと思います。まずは、第一弾として『KKBOX』を使ってみました。

 

 Let’s music! – KKBOX
月額980円の定額制音楽配信サービス

 

『KKBOX』のもともとの本拠地は台湾で、最近KDDIが買収し、2013年の6月から日本でのサービス提供開始。auが提供してた「LISMO unlimited powered by レコチョク」サービスの後継サービスとしての位置づけみたいです。

 

スペックは以下の通り。

 

  • 月額980円で音楽聴き放題
  • 楽曲数は、邦楽・洋楽合わせて100万曲以上
  • Win, Mac, iOS, Androidで再生可能
  • モバイルでも高音質(320kbps)で聴ける
  • キャッシュ機能でオフラインでも曲を聴く事ができる(最大2,000曲)
  • SNSを活用した豊富な再生オプション

 

Facebook でログインすると7日間無料期間があるので、まずはそれで試してみたレビューを書いてみます。

 

ただし、実は定額制の音楽配信サービスを使うのはこれが初めてなのであんまりするどいレビューができないと思いますが、その点はご容赦ください 🙂

1. 洋楽、邦楽ともに十分な楽曲数。でも邦楽がまだちょっと足りないかな。。

 

最近の洋楽から調べてみると、レディー・ガガ、テイラー・スウィフト、カーリー・レイ・ジェプセン、エミネムなど、人気のアーティストはそこそこ抑えている感じ。

 

KKBOX001

 

Bon Jovi とか Guns N’ Roses、Mr. Big、Anthrax、Helloween など80〜90年代のハードロック、ヘヴィメタルなども結構充実してます。

 

邦楽は、あんまり検索してないんですが、GReeeeNとかSuperfly、ORANGE RANGE、AKB48、きゃりーぱみゅぱみゅ とかはあるみたいですが、ミスチルや福山雅治、宇多田ヒカル、サザンなどは、現時点2013年8月の時点ではなかったです。日々配信曲は増えているので、今後に期待ですね。

 

洋楽は結構充実しているので個人的には問題ないですが、邦楽好きの人にはもしかしたらちょっと物足りないかも。

 

どうしてもこのアーティストの曲を聴きたい!という人は『KKBOX』のトップページの検索窓からも検索できるので、一度調べてみては。

 

KKBOX002

 

 

2. SNSでの「一緒に聴く」機能や、クイック再生等、再生方法が色々あって楽しめる

 

KKBOXでオンラインのユーザが聴いている楽曲を、リアルタイムで一緒に聴ける「一緒に聴く」機能とかは結構ユニークな機能かなと思います。他のユーザと再生位置を共有したり、チャットで語り合ったり、友達申請でフォローしあうこともできます。

ただ、国内ユーザのオンラインユーザはまだまだ少ないみたいですね。逆に海外ユーザは多数いるので、海外の音楽友達を作るという目的で使う人もいるかもしれないですね。ユーザが公開しているプレイリストを覗いてみるのも楽しいかも。

 

KKBOX003

 

あと、再生オプションとして用意されているジャンル別の「ミュージックチャンネル」、人気曲が聴ける「トップ50」、「オススメプレイリスト」など、いちいち検索しなくてもラジオ感覚で聴けるのも良いです。

 

個人的に面白いなと思ったのは「クイック再生」。その時の気分に合わせて、オススメ曲を流してくれるという、なかなか面白い再生オプションだと思います。ただ、悲しいムードを選ぶと、ひたすら悲しそうな曲が流れてより悲しくなります(笑)

 

KKBOX004

 

 以上、『KKBOX』の簡単なレビューですが、邦楽が少し物足りない面もあるものの、個人的には十分月額980円の価値はあると思います。

 

まだお試しユーザですが、このまま使ってみて問題なければ、本登録しても良いかなと思っていますが、他もレビューしたいので、本登録はもう少し先になるかも 🙂

 

ちなみに、『KKBOX』に Facebook でのログインしたユーザは7日間、auかんたん決済を使った場合には30日間無料でお試しできるので、定額制の音楽配信サービスに興味ある人はぜひ試してみてください。

 
photo credit: forayinto35mm via photopin cc