ページを選択

プレゼンテーションで、聴衆にインパクトを与えたい場合や、イメージを具体的にもってもらいたい場合などにビデオを使うことはよくあることだと思います。

 

今回はPowerPoint中心にお話をしますが、PowerPointにビデオを埋め込んで再生する方法としては、以下のMicrosoftのサイトがわかりやすいと思います。

 
PowerPoint ビデオ再生の極意 – PowerPoint – Office.com
マイクロソフトによるPowerPointビデオ再生の基本説明

 

でも、上記はあくまでもローカルにビデオファイルがある場合です。

 

 

オンラインのYouTubeビデオをそのままプレゼンの中で紹介したいという場合のやり方を今回は紹介したいと思います。
(今回の対象はPowerPoint2007/2010です)

 

 

まず以下の「YouTube Video Wizard」というアドイン用のプログラムをダウンロードします。

 
YouTube Video Wizard (YTV)
※For PowerPoint 2007/2010 の横の「Click here」というところ

 

 

 

 

ZIPファイルですので、解凍して任意のフォルダに保存しておきます。

 

次にPowerPointを起動し、以下の手順でアドインをインストールします。

 
1. 一番左上のOfficeボタンをクリック

 
2. 「PowerPointのオプション」をクリック

 
3. 左側のメニューから「アドイン」を選択。

 
4. 下の方に「管理」と書かれているところで「PowerPointアドイン」をプルダウンから選び、「設定」をクリック

 
5. 「新規追加」をクリックし、ダウンロードして展開した「YouTubeVideo2k7.ppam」を選択します。

 

 

 

6. マクロに関する警告がでたら、「マクロを有効にする」をクリックしてください。

 

 

これで、以下のように「挿入」のメニューに「YouTube Video」というボタンが追加されていると思います。

 

 

あとは、YouTubeのビデオを紹介したいスライドで、このボタンを利用して、ウィザードに沿って、YouTubeのURL設定、その他オプションの設定をします。

 

 

 

 

挿入後は以下のようなバッテンマークが表示されますが、スライドショーにすると、ちゃんとプレビューされると思います。

 

 

※一旦保存して再度開かないと上手く表示されないかもしれません。

 

上記をスライドショーにした状況が以下です。

 

 

ただし、このやり方はYouTubeのURLにダイレクトに接続しますので、インターネット接続がある環境に限られますので注意してくださいね。

 

photo credit: cyberfux via photopin cc