ページを選択

 

明日、東京では雪が降るようですが、今回雪の中での動画撮影をしてみようと思ってます(寒そうですが・・・)

 

その際、気になるのがカメラに雪がかぶって濡れてダメになってしまわないか、あと自分自身の防寒対策はどうすればよいかです。

 

色々と対策についてブログ等に書かれているのを見て、雪の撮影での注意点をまとめてみました。あと、自分としてどうするかについても書いてみました。

 

1. バッテリーは予備をたくさん持っていく

 

雪の降るような寒い日は、電池の持ちが通常より悪くなるみたいです。ですので、長時間撮影するのであれば、最低でも替えのバッテリーは2つ以上あった方が良いですね。

 

私のカメラはPanasonic GH4ですが、純正のバッテリー1つと、サードパーティ製のバッテリーを2つ持っているので、全部フル充電して臨むつもりです。

 

2. カメラの防水対策(レインカバー・レインフード)

 

カメラ自身も最近のはちょっとした水滴くらいなら大丈夫なものが多いですが、こと動画を撮るとなると、写真撮影と違って、雨ざらし(雪ざらし?)になる可能性が高いです。

 

そこで登場するのが、DSLR用のレインカバー/レインフードですが、そこそこ値段はするんですよね。。。

 

こちらのベルボンのやつはまあまあ安価で使いやすそうですが、カメラのシャッター操作とかがやりにくそうなので、今回は自作、といってもビニールをかぶせるだけにしようかなと思いました。

 

自分で自作する場合には、こちらの方のブログが参考になると思います。

 

雨や雪の日の撮影 – a day…relaxation photo

 

3. 自分自身の防寒対策

 

まず一番にしなければならないのが、手袋でしょうね。カメラを操作する時はポケットから手を出さないといけないですし、長時間外にいると手は確実に冷えてくると思います。

 

カメラ用のこういう手袋が出ていて、カメラを操作する時に指を出せるので、便利そうです。

 

ただ、今回は撮影が明日ということもあり、すぐに欲しかったので、近くのオシュマンズに行って、Manzella(マンツェラ)のグローブを購入してきました。

 

「NY発グローブ専用メーカー」とか「OSHMAN’S直輸入」とかの言葉に惹かれましが、まあスマートフォンのタッチパネルに対応した、普通の手袋です 🙂

 

作りが違う!! NY発グローブ専用メーカー | OSHMAN’S
OSHMAN’S直輸入 …

 

IMG 0115

 

でも、そこそこ温かくて、人差し指と親指のところはスマートフォン対応になっていて、GH4のタッチパネルにも反応しますので、気に入ってます。

 

グローブを探してて思ったのは、防水でかつタッチパネル対応で、しかもスリムなグローブってなかなかないことですね。

 

このMANZELLAのグローブも防水ではないですが、都内での撮影だし、まあそんなに濡れないでしょうと思ったので、これで良しとしました。安かったですし。

 

あと、色々とこういうのもあるみたいですが、僕は普通のニット帽と、マフラーで我慢することにします。

 

KCF-454 BLACK FREEサイズ スノーボード フードウォーマー メンズ レディース フード付き ネックウォーマー フェイスマスク ボア
KCF-454 BLACK FREEサイズ スノーボード フードウォーマー メンズ レディース フード付き ネックウォーマー フェイスマスク ボア

posted with amazlet at 15.02.04
L-TRADE

 

見た目怖いですし(笑)

 

本当は靴にも凝りたいところです。撮影用にはソレルの防水のブーツなどが人気なようですが、今回はまあ無駄使いはやめときます。

 

ソレル 公式サイト – Sorel

最後に、色々な人がこれだけは注意するように!と言っているのが、カメラを寒いところから暖かい部屋に入れるときに結露してしまう問題。

 

メガネをしている人なら、メガネが曇った経験があると思いますが、あれと同じことがカメラのレンズ内部で起こるとまずいみたいです。

 

ですので、寒いところから帰ってくるときは、玄関先にしばらく置くとか、ジップロックのようなものでカメラを密封にしてから持ち込むと良いみたいです。