5月20日、シゴタノ!佐々木正悟さん主催の「タスクセラピー」の第1回に参加してきました。

タスクセラピー自体は、各テーブルにコーチがついてくれて、皆が抱えているタスク処理に関する悩みを色々と聴いてくれるというとてもタメになるワークショップでした。

ワークショップの前段で、佐々木さんを始めとするコーチ陣3人がプレゼンをしてくれたのですが、みなさんそれぞれ素晴らしいプレゼンテーションでしたので、プレゼンで参考になったポイントを中心に、内容を振り返ってみたいと思います。

勝手に分析してすみませんが、ご了承ください!>講師の皆様。

1人目 @hosshina さん

hosshinaさんのプレゼンタイトルは、「タスク管理に何のメリットがあるのか?」という初心者向けのものでした。

IT企業で人事をやっている @hosshina さんが、超多忙な日々でくじけそうになった時、タスク管理を導入したら、こんなに楽になった!という内容で、以下の流れで進みました。

  1. 自己紹介
  2. タスク管理導入前の状況
  3. タスク管理開始 した後の状況
  4. タスク管理の効果(ビフォーアフター)
  5. タスク管理の目指すところ(図)

「タスク管理とは何?」と思っている人に対しては、@hosshina さんが考えるタスク管理のあるべき姿が示せていたので、とても参考になる内容だったと思います。

また、タスク管理中級者の人にも、他人の成功事例を聞くことができて、とても良いプレゼンだと思いました。

プレゼン手法として良かった点の1つ目は、「ストーリーが単純明快だったこと」です。

@hossina さんのことをよく知らない人に向けて、自己紹介からはじめて、彼女がどういうことに悩み、どう解決していったか、そしてタスク管理はどうあるべきかの理想像を見せることによって、「みんなタスク管理をやってハッピーになろうよ!」というメッセージがすんなりと入ってきました。

2点目は、タスク管理の状態を表す図がとてもわかりやすかったこと!

Hosshina

プレゼンでは文字で伝えるより絵や図で示す方が頭に残ります。

そして、納得感のある図を見せられると、講師の言いたい事がストンと腹に落ちるんですよね。

全体を通して少し緊張気味に見えましたが、落ち着いた話しぶりで、トップバッターとして会場の雰囲気を和ませてくれました。

今回のスライドをシェアしていただいていますので、タスク管理に興味がある方はぜひ参考にしてくみてください。

第1回タスクセラピーにて、「タスク管理のメリット」についてお話させていただきました。(スライドシェアします)