ページを選択
photo credit: jon.swanson via photopin cc

photo credit: jon.swanson via photopin cc

かなり前からGTDやTo do 管理、タスク管理といった仕事効率化には興味があってですね。確かWebでたまたま見つけた「シゴタノ!」のスピードハック研究会のセミナーに参加したのをきっかけに、TaskChuteを使ったタスク管理を徐々にやるようになりました。

タスク管理ツール・TaskChute2(PayPal決済)

シゴタノ!の大橋悦夫さんと、共同主催者のライフハック心理学の佐々木正悟さんとお知り合いになってからは、さらにこのTaskChuteを使った仕事術に興味を持って、今でも続けてます。

このタスクシュート仕事術について詳細に書かれているのが本書『なぜ仕事が予定通りに終わらないのか』です。

タスクシュートを使った仕事術は、今までのタスク管理とはかなり違っていて、一番特徴的なのが、割り込みタスクも含めて、とにかく何でもかんでも記録するということです。

To doリストって、たくさんやること書いて、全然終わらないことってありますよね。

でも何で終わらないのかの原因については、結局、「気合いが足りなかった」「やる気が出なかった」「なんか色々な邪魔が入って」とか、曖昧な理由で済ましてることって結構あると思います。

自分が今日1日『何をするのか』だけでなく、『何をしたのか』について、割り込み仕事も含めて全てをTaskChuteに記録することで、自分が1日何をしていたのかがわかります。

その結果、何故終わらなかったのかが明確になります。

それだけでなく、自分の作業の見積りがどんどん正確になっていくのでTo Doリストの精度が上がっていきます。

そんな全てを記録するなんて、面倒くさかったり、堅苦しく思えるかもしれませんが、毎日TaskChute にその日の作業を入力して、今日の作業が何時に終わるのかを知ることは、使っているうちに、本当に快適になってきます。

また、その見積り時間が日々正確になっていくのも、何とも言えぬ楽しさがあります。

言葉で言ってもなかなか伝わらないので、ぜひ本書を読んでみて、記録というものがいかに大切かを知ってみてください。

正直僕も全ての行動を記録するまでの域には達していませんが、TaskChuteを使うことでかなり仕事が快適になっています。

To do管理が上手く行った試しがない人、GTDに興味がある人にはおすすめの仕事術です。