ページを選択

 

これまで自分のサイトとか、友人などのサイトを複数運営してきたんですが、結構な数のレンタルサーバーを試してきました。

 

実際に使ってて、「こうだったら良いのに!」という感想も交えながら、自分の中でのベスト5レンタルサーバーを発表してみようと思います。

 

主に「Webサイトを複数運営する人」、「WordPressを複数インストールする」という人向けなのでちょっとニッチな視点かも (^^;)

 

他にも良いのがあったら、ぜひ教えてくださいね。

 

1位 Heteml (ヘテムル)

 

ヘテムル|WordPress簡単インストール対応レンタルサーバー
WordPressを複数インストールできる高機能レンタルサーバー

 

 

 

Hetemlは今年になって初めて借りたレンタルサーバーですが、個人的にかなりヒットです。ロリポップを運営している会社の上位版サーバーですね。

気に入っている点は、

 

  • データベースが100個まで使えること
  • WordPressのインストールが30秒くらいで終わる

 

の2点です。

 

それ以外は特にありません(笑)あ、パフォーマンスも快適なところも気に入っています。

 

コンパネの「簡単インストール」を選んだ後、WordPressのインストール先のURLを選択。

 

データベースは「自動作成」をインストールすれば、はいインストール終了。

 

「43秒でWordPressをはじめよう」というキャッチフレーズ通りソッコーで終わります 🙂

 

WordPressのサイトをたくさん運営したい人はぜひヘテムルを使ってみてください。

 

月額は1,500円ですので、焼き肉ランチを一回ガマンしましょう。

 

2位 Xserver(エックスサーバー)

 

レンタルサーバー 速度・機能で選ぶなら【エックスサーバー】
ドメイン無制限、月額1,050円の高機能、高性能レンタルサーバー

 

 

 

Hetemlの前は数年間メインに使ってたサーバーです。

 

WordPressやMovable Typeなど自動インストールにも対応していますが、Hetemlに比べるとちょっと管理画面がわかりにくいかも。

 

でも、サイトのレスポンスもそこそこ良いですし、月額も1,050円とHetemlよりは安く、コストパフォーマンスの良いサーバーだと思います。

 

3位 さくらのレンタルサーバー スタンダード

 

さくらのレンタルサーバ スタンダード|さくらインターネット
さくらのレンタルサーバーのスタンダードプラン。月額500円

月額500円で、データベース20個、独自ドメイン20個まで設定できるので、まあまあのサービス内容ですが、サービスとしては安定している感じがします。

 

クイックインストールという形でWordPressもインストールできますが、全体的にコンパネが上記の2つのレンタルサーバーに比べるとわかりにくいかも。

 

それでもエックスサーバの半額で運用できる点は魅力。

 

4位 ハッスルサーバー

 

ハッスルサーバー PHP,MovableType,MTOS,MySQL,XOOPS,cronが使える格安レンタルサーバー
月額208円で、マルチドメイン32個、大容量ディスクが使えるサーバー

ドメインが32個使えて、月額208円〜で使える超格安サーバー。

 

ただし、データベースが1IDにつき1つしか使えないので、以前紹介したXserverで複数WordPressをインストールする方法を参考に、1つのデータベースにWordPressをインストールする必要があります。

 

それでも月額208円で、これまで特に障害もほとんどなく運用できているのでコストパフォーマンスは抜群だと思います!

 

5位 CORESERVER(コアサーバー)

 

CORESERVER.JP:コアサーバー 初期費用無料 レンタルサーバー
バリュードメインと連携した高機能レンタルサーバー

CORE-Aプラン(ディスク60GB、転送料目安250GB)であれば、月額500円と、こちらもリーズナブルな価格設定のコアサーバーですが、5位にしたのは、もうちょっと管理画面とかサイト全体をオシャレにして欲しい要望があるので。。

 

コアサーバーでは、Movable TypeとWordPress を運営してますが、DBのパフォーマンスがたまに悪い時がある気がします。まあ特定のサーバー依存かもしれませんので、あくまでも個人の一意見として受け取ってくださいね。

 

良い点はValuedomainで取得したドメインの設定が簡単なとこでしょうか。

 

たまーに、障害が起きてた気がしますが、まあ最近は安定しているので合格点というところですね。

 

以上、参考にしてみてください〜

 

photo credit: dawvon via photopin cc