最近、なんでもかんでもメモを取る場所として「WorkFlowy」を活用しています。

 

以前はEvernoteやマインドマップツールでメモを取ったりしていましたが、ここのところテキスト系のメモはほぼ WorkFlowy に集約しています。

 

WorkFlowyは簡単に言うと「アウトライナー」という類のもので、見出しを書いて、その下にどんどん項目を追加していくのが基本です。

 

本の目次をイメージしてもらうといいかも。

WorkFlowyについて詳しく書かれているのはこちらのサイトです。

 

 

 

で、僕は、日記やマンガのネタ、タスクリスト、ブログのネタ、その他思いついたメモは全部 Workflowy に集約するようにしています。

Workflowyの良い点は、Evernoteのようにノートが分かれないで、全体を一つのページとして、その中にすべてのメモを集約することができるところですね。

とりあえず何かあればWorkflowyに書く。何か見たければWorkflowyを見る、というのが心地良いんです。

で、このWorkflowyですが、最近思うのは、漫画のプロット(大まかなあらすじ)を書くのにとても適してるなと思って、もっぱらこれでプロットを書いています。

プロットを書くのにWorkFlowyが適している点としては

 

  • 漫画のタイトル毎、話ごとに分けて書くことができる
  • ネタもWorkFlowy上にメモしておけば、ネタからプロットへの落とし込みが楽
  • セリフなどを入れておくと、漫画のネームに書き起こす場合の時間短縮になる
  • アウトライン毎に共有できるので、編集者や、共同執筆者と、ネームを描く前に認識合わせをすることができる

 

といったところで、例えば、今noteで連載している「スキタツ」のプロットはこんな感じです。

 

Workflowy

 

 

特に編集担当さんと仕事をしているときなんかは、ネームを描いた後修正が入ると、ホント面倒くさいんですよね(笑)

 

なので、プロットの段階でセリフ入りでお互いの認識を合わせておくと、ネームを提出した後のて戻りが本当に少なくて助かります。

 

あと、クラウドで同期されますので、電車の中や空き時間にiPhoneなどでプロットを考えるのにも適していると思います。

 

漫画を描いている人はぜひWorkflowyをプロット用に使ってみてください。

ちなみに、WorkFlowyを使うにあたって、参考になった書籍は以下です。ご参考までに 🙂

クラウド時代の思考ツールWorkFlowy入門 (OnDeck Books(NextPublishing))
インプレスR&D (2016-01-29)
売り上げランキング: 7,367