ページを選択

先々週の土曜ですが、主に個人事業主の方々を対象に、

 

「初心者でも1日で学べる! クオリティの高い WordPress サイトの作り方」

 

と称して、WordPress をこれまで全く触ったことのない初心者でも1日でWordPressサイトが作れるという、なかなかチャレンジングなセミナーをやってきました 🙂

 

6名参加いただき、以下の内容のセミナーでした。

 

 

1403wordpress

 

 

完成系は以下のようなWebサイトです。

 

テストサイト | Just another WordPress site
セミナー用サンプルサイト

 

 

 

当日ロリポップの体験版を申し込んでもらって、そこにWordPressを自動インストールし、こちらで用意したテーマを適用してカスタマイズする、という流れです。

 

ちなみに、テーマは海外の有料テーマである WooThemesの「Canvas」というテーマを使いました。

 

Canvas – A WordPress theme with complete style control
海外有料テーマ「WooThemes」で人気のテーマ「Canvas」

 

 

このCanvasというテーマは、個々の要素をカスタマイズしやすく作られており、テーマの管理画面からフォントやレイアウト、色等を簡単にカスタマイズすることができます。

 

一応、全員がテーマをカスタマイズしてWebサイトの作成まで出来てたので、喜んではもらえたのですが、個人的に今回のハンズオンセミナーの反省点がいくつかあるので、シェアしてみたいと思います。

 

1. できる限りプロジェクターで画面を見せながらやる

 

初心者の方の場合、「WordPress の管理画面(ダッシュボード)」と言っても、なかなかピンと来ません。

 

なのでセミナー中に、参加者の後ろに立って指示することを、6名全員分やらないとダメでした。。。

 

これはかなり大変でしたので、可能な限りプロジェクターで講師側の操作を見せてからやった方がよいと思います

 

2. 具体的なケースを想定してページを作成する

 

今回作成したサイトの構成としては、

 

トップページ ポートフォリオページ ブログページ 会社概要ページ お問い合わせページがありました。

 

基本、WordPress の管理画面上から作成できるページなのですが、特に「ポートフォリオ」のページは納得感がなかったように思えます。

 

今回来てくださった人たちはイメージコンサルタントの人が多かったり、あまりポートフォリオページを有効活用できる職種の人が少なかったみたいです。

 

それでも、ポートフォリオのページを、例えば店舗紹介に使えるようにカスタマイズしたりすればもっと伝わったのかなと思ったり。。

 

3. 1日で何でも遣り過ぎない

 

今回は朝10:00から、お昼を挟んで 17:00 までの長丁場でした。

 

一つ一つ簡単な手順書をマニュアルとして提供したのですが、やはり初心者の方が多かったので途中かなり脱線したり、できるまでに時間がかかったりしました。

 

結局、後半のFacebookページの掲載方法や、Twitter のコメントを掲載するところは出来ませんでした。。

 

今後は今回の反省を生かし、基礎編・応用編みたいに2回に分けたり、より参加者のニーズに合わせたページ作りをしていきたいなと思います。

 

セミナー前、セミナー中に、どんなページを作りたいかをヒアリングするのもいいかもしれませんね。

 

ちなみに、今回やったセミナーの内容に興味がある方はコメント欄等に書き込んでおいてもらえると嬉しいです!